“佐賀競馬のレジェンド”騎手の男 飲酒運転で現行犯逮捕 「酒が抜けていると思っていた」と否認

04月03日


3日未明、福岡県久留米市で酒を飲んで車を運転したとして、佐賀競馬の騎手の男が現行犯逮捕されました。

久留米警察署によりますと、3日午前0時40分ごろ、久留米市六ツ門町で、パトロール中の警察官がパトカーから逃げるように方向転換をする普通乗用車を発見しました。

不審に思った警察が停止を求め、運転手の男を調べたところ、呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。

逮捕されたのは佐賀競馬の騎手・山口勲容疑者(54)です。

山口容疑者は日本歴代5位の地方競馬通算5326勝を誇り、“佐賀競馬のレジェンド”とも呼ばれていました。

調べに対し、山口容疑者は「夕方ビールとハイボールを飲んだが酒が抜けていると思っていた」と容疑を否認しているということです。

NEWS
ニュース

ニュース記事一覧をみる

SPORTS
スポーツ

スポーツ記事一覧をみる

GOURMET
グルメ

グルメ記事一覧をみる

GO OUT
おでかけ

おでかけ記事一覧をみる

LIFE
生活情報

生活情報記事一覧をみる

ENTERTAINMENT
エンタメ

エンタメ記事一覧をみる

FEATURE
特集

特集記事一覧をみる

ECONOMY
地域経済

地域経済記事一覧をみる