マラソン日本代表・赤崎選手(26) パリ五輪へ決意「自分が満足のいく結果を」 福岡県知事表敬

04月02日


パリオリンピック男子マラソン日本代表に内定している赤崎暁選手が2日、福岡県の服部知事の元を訪れ、初出場となるオリンピックでの活躍を誓いました。

熊本県出身で九電工に所属する男子マラソンの赤崎選手は、パリオリンピックの代表内定後、初めて服部知事の元を訪れました。

赤崎選手は去年10月のマラソングランドチャンピオンシップで2位に入り、自身初めてとなるオリンピック出場権を獲得しています。

服部知事は、赤崎選手に対し「パリの地で思う存分走り、見事な走りを見せていただきたい」とエールを送りました。

◆パリ五輪 男子マラソン日本代表 九電工・赤崎暁選手(26)
「パリオリンピックではしっかりと、自分が満足のいく結果を出せたらいい」

赤崎選手は、4月に5000メートル、5月に1万メートルのトラックレースに出場した後、8月に行われるパリオリンピックのレースに向けて調整を進めていくということです。

NEWS
ニュース

ニュース記事一覧をみる

SPORTS
スポーツ

スポーツ記事一覧をみる

GOURMET
グルメ

グルメ記事一覧をみる

GO OUT
おでかけ

おでかけ記事一覧をみる

LIFE
生活情報

生活情報記事一覧をみる

ENTERTAINMENT
エンタメ

エンタメ記事一覧をみる

FEATURE
特集

特集記事一覧をみる

ECONOMY
地域経済

地域経済記事一覧をみる