バックドア開けたまま走行の車…基準値超アルコール検出 “飲酒運転”相次ぎ男2人を逮捕 福岡県

02月13日


12日夜から13日朝にかけて、福岡県内では飲酒運転が相次ぎ、久留米市と飯塚市であわせて男2人が逮捕されました。

警察によりますと、12日午後11時20分ごろ、久留米市津福本町の路上で、警ら中のパトカーが、バックドアを開けたまま走る車を発見し、停止を求めました。

運転手の男から酒のにおいがしたため検査したところ、呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたため酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。

逮捕されたのは、久留米市津福本町の自営業・青木宏祐容疑者(59)で、「酒を飲んでいないので飲酒運転したつもりはない」と容疑を否認しています。

このほか、13日午前1時前、飯塚市で自称・建設業の阿部清二容疑者(32)が酒気帯び運転の現行犯で逮捕されています。

NEWS
ニュース

ニュース記事一覧をみる

SPORTS
スポーツ

スポーツ記事一覧をみる

GOURMET
グルメ

グルメ記事一覧をみる

GO OUT
おでかけ

おでかけ記事一覧をみる

LIFE
生活情報

生活情報記事一覧をみる

ENTERTAINMENT
エンタメ

エンタメ記事一覧をみる

FEATURE
特集

特集記事一覧をみる

ECONOMY
地域経済

地域経済記事一覧をみる