日本IBМ 北九州市にDX拠点設立へ 全国4カ所目 数百人規模の雇用を検討

08月05日

サムネイル
日本IBMが、新たなシステム開発の地域拠点を北九州市に設立することになり、4日、北九州市と連携協定を結びました。

北九州市の北橋市長と日本IBMの加藤洋専務は、4日、デジタル人材育成や地域のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進することなどを記した協定書を交わしました。

日本IBMは、全国で4カ所目となる地域DXセンターを、今年11月、北九州市小倉北区に開設します。

加藤専務は北九州市について、「モノづくりの産業や技術が集積しており、将来、日本のカーボンニュートラルのモデル都市になれる」と期待を寄せました。

なお地域DXセンターは、2024年4月に小倉北区の再開発ビルへの移転と、数百人規模の雇用を検討しているということです。
TNC

TNC報道部

「報道ワイド 記者のチカラ」月~金 夕方3時45分から絶賛放送中!
福岡・山口の事件・事故、政治、経済から地域の情報まで徹底取材でお伝えします。

執筆者一覧をみる

NEWS
ニュース

ニュース記事一覧をみる

SPORTS
スポーツ

スポーツ記事一覧をみる

GOURMET
グルメ

グルメ記事一覧をみる

GO OUT
おでかけ

おでかけ記事一覧をみる

ENTERTAINMENT
エンタメ

エンタメ記事一覧をみる

ECONOMY
地域経済

地域経済記事一覧をみる